競馬予想の備忘録

アイビスSDの予想を振り返る(2016年)

こんにちは!
競馬予想Styleのブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、7月31日(日)に行われた新潟競馬場のメインレース、アイビスSD(G3)の予想と結果を振り返っていきます。

このレースは最終的な予想をLINE@にて配信していましたので、そちらから公開させていただきます!

アイビスSDの予想の振り返り

◎ネロ
〇プリンセスムーン
▲アースソニック
△ベルカント、ヤマニンプチカドー

今回は時間の関係で細かい予想を書くことができず、印のみの配信となりました。

【最終的な馬券の買い目】
単勝:◎
3連単軸2頭マルチ:◎-◯→▲△(計12点)

結果と振り返り

この週から開催が変わり、まずは新潟の直線競馬、アイビスSDで馬券を買いました。
直線競馬といえば、やはり外枠が有利であったり、スプリント血統や直線が得意な騎手を狙うといったところがポイントになりますよね。

本命のネロは大外枠に入る好条件で、スタートから積極的な位置取りでよかったと思います。
最後にベルカントに交わされてしまったのが残念ではありましたが、勝負事なので仕方ない、というレベルの負けですね。

逆にベルカントは55キロを背負っても堂々とした競馬でしたし、デムーロ騎手自身も直線競馬が得意になってきている印象はあります。
今後も新潟での直線競馬は組まれてくるので、デムーロ騎手は狙っていきたいですね。

馬券的には、結局人気通りの決着となり、三連単は的中できたものの、ほとんどプラスマイナスゼロとなりました。
どうしても、まだまだ夏競馬で良いところがないので、ここは粘りの時期かなと思っております。
それでも、小倉の最終レースでは川田騎手騎乗のヤマニンエルフィンを本命にして見事に1着。
単勝1,240円というオイシイ配当を的中することができました。
案外、重賞よりも気楽に予想したほうが的中できたりもするので、複雑な心境です。苦笑

夏競馬は有力な騎手でも馬の成績などで人気を落とす場合もあるので、その辺りも狙ってみると面白いかもしれませんね。

まとめ

3連単軸2頭マルチはどうしても的中率が下がってしまいますが、的中できた時の破壊力は大きいのは間違いありません。
とにかく耐えて、粘って粘って万馬券といった大きな的中ができるように取り組んでいきます。

それでは、アイビスSDの予想の振り返りは以上になります!

ピックアップ記事

  1. わざわざ馬券の収支を公開するワケとは?
  2. 単複馬券でオススメの競馬本
  3. 騎手の負担重量について
  4. 競馬に関わる仕事とは
  5. 競走馬のクラス分けと収得賞金

関連記事

  1. 競馬予想の備忘録

    阪急杯・中山記念の振り返り(2017年)

    週末の重賞レースをまとめて振り返っていきたいと思います。収支と…

  2. 競馬予想の備忘録

    エプソムカップの予想を振り返る(2016年)

    6月12日(日)に行われた東京競馬場のメインレース、エプソムカップ(G…

  3. 競馬予想の備忘録

    オーシャンS・チューリップ賞・弥生賞の振り返り(2017年)

    先週末の重賞の振り返りです!土曜日のチューリップ賞とオーシャン…

  4. 競馬予想の備忘録

    10月22日(土)・23日(日)の振り返り

    こんにちは!競馬予想Styleのブログを見ていただきありがとうございま…

  5. 競馬予想の備忘録

    CBC賞の予想を振り返る(2016年)

    7月3日(日)に行われた中京競馬場のメインレース、CBC賞(G3)の予…

  6. 競馬予想の備忘録

    アンタレスS・皐月賞の振り返り(2017年)

    先週末の重賞レースの振り返りです。アンタレスS・皐月賞ともに波…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 中山記念の予想(2019年)
  2. ダイヤモンドS・京都牝馬Sの予想(2019年)
  3. 第36回フェブラリーSの予想(2019年)
  4. お久しぶりです&YouTubeでラジオ番組始めました
  5. 日本ダービーの予想(2018年)

競馬初心者向けコンテンツ

あなたにとって競馬とは?

競馬を楽しみ・馬券で稼ぐスタートライン!『競馬の基礎知識』
  1. 競馬予想・G3

    ファルコンSの予想(2017年)
  2. 競馬初心者向けコンテンツ

    競走馬のクラス分けと収得賞金
  3. 競馬予想・G2

    スプリングSの予想(2017年)
  4. 競馬初心者向けコンテンツ

    競馬の距離体系について
  5. 競馬予想・G3

    小倉大賞典の予想(2017年)
PAGE TOP