競馬予想の備忘録

2017年有馬記念の総括

2017年の有馬記念が終了しました。

まず個人的な馬券からいくと、最後にキタサンブラックから
ヤマカツ、クイーンズリング、シャケトラ、レインボー、ミッキーへの
馬単を流したのが的中して、プラスにはなりました。

プラスにはなりましたが、とても後味の悪い内容だと思いました。

全てが決まった枠順抽選会

予想の記事でも触れましたが、まずは枠順。
レース前から、キタサンが内枠に入ったら勝利確定と思っていました。
そして抽選会、案の定どころか、絶好すぎる1枠2番。
この瞬間に、今年の有馬記念はキタサンブラックのためのレースだなと確信しました。

更に露骨だったのが、最有力の対抗馬と目されるスワーヴリチャードが7枠14番に。
その他、ライバルになるであろう馬たちは軒並み外枠に。
シュバルグランが10番だからギリギリとして、
サトノクラウン、ミッキークイーン、スワーヴリチャードが外。

真ん中より内側は人気薄ばかり。

これじゃ相手にならないでしょう。

誰も競りに行かない

いざレースが始まると、キタサンを簡単に逃して、
他の騎手は控えるだけ。
マイペースに持ち込ませるだけで、誰も競りかけにいかない。

スワーヴのデムーロ騎手が外外を回って仕掛けに行ったけど、
あれじゃ幾ら何でも走る距離が違いすぎますね。

キタサンが最短距離で楽に引き離しに行く中で、
それを追いかけ、追い越せるだけの馬はいなかった。

最初から最後まで、キタサンブラックのために用意されたレース。

メディアもこぞって注目のキタサンブラックが
有終の美を飾ったことに賞賛する内容ばかり。

大物オーナー、メディア、そしてJRA。
全てがタッグを組んで作り出された、
そんなレースではなかったのではないでしょうか。

とはいえ、僕自身も最終的には買い足した馬券で
プラス収支にはなっているので、結局は長いものに巻かれた感じです。
決して偉そうなことは言えませんが、こんなに後味の悪いプラス収支は生まれて初めてでした。

内枠、実力馬、一流騎手、ラストラン

個人的にシュヴァルグランは軽視していましたが、
さすがに本格化したこの時期に買わなかったのは反省でした。

スワーヴより内枠で、ローテーションも無理をしていない。
この条件ならスワーヴよりはこちらに重い印を打つべきでした。
最後は際どかったけど、ボウマン騎手も見事な騎乗でした。
ただ、勝ちに行く競馬でなかったのは間違いないでしょう。

2着のクイーンズリングはエリザベス女王杯の勝ち馬で、
父は有馬記念を勝っているマンハッタンカフェ。
このレースがラストランで、内枠、ルメール騎手と好条件が揃っていた。
この馬は3番手の評価で重要視していたので、その割に人気薄だったのはラッキーでした。

結局、内枠を中心に実績がある実力馬、外国人騎手を中心とした一流騎手、
そしてラストランであれば仕上がりも躊躇する必要がないということで、
この辺りの要素を持っている馬を中心に考えれば有馬記念は的中できるということですね。

G1レースに共通すること

このように振り返れば有馬記念はとても簡単なレースになりつつあると感じます。
枠順に関してはコースによって傾向が異なるので一概に内枠が良いとは限りませんが、
その他の要素で言えば、実績(特に古馬)、一流騎手、ラストランといったところは
どのようなG1レースにも通じるところはあると思います。

その辺りを意識して、来年も予想をしていきたいと思います。

馬券の買い方

最後に、今後の馬券の買い方については色々と考えさせられた1年でした。
この辺りは別の記事でまとめたいと思いますが、
僕が本格的に馬券を買うようになった
競馬キャリアは単複馬券からスタートしています。

単複馬券では大きく弾けることは少ないものの、
一定の成果は出せました。

そこから派生して単勝・馬単の単系馬券に特化したり、
単勝・3連複のように単複馬券の応用に特化したり、
自分なりに検証を重ねてきました。

どれが良い悪いは一概に言えませんし、
使える資金にも左右されますが、
いずれにしても以前のように大きな金額を投入するほどの
買い方は出来ないなと感じています。

競馬は好きなので恐らくは一生やめることはないと思いますが、
金額が大きくなればなるほどリスクも大きくなるのは目に見えています。

果たしてそれだけのリスクをかけてまで買う必要があるのか?
そう考えれば、答えはNOです。

その辺りを意識して、来年の馬券の買い方をもう一度見直したいと思います。

ピックアップ記事

  1. 2016年馬券収支
  2. わざわざ馬券の収支を公開するワケとは?
  3. 調教施設について
  4. 騎手の負担重量について
  5. 競馬に関わる仕事とは

関連記事

  1. 競馬予想の備忘録

    毎日杯・日経賞・高松宮記念の振り返り(2017年)

    Twitterではつぶやいていましたが、昨日は毎日杯と日経賞のダブル的…

  2. 競馬予想の備忘録

    阪急杯・中山記念の振り返り(2017年)

    週末の重賞レースをまとめて振り返っていきたいと思います。収支と…

  3. 競馬予想の備忘録

    アンタレスS・皐月賞の振り返り(2017年)

    先週末の重賞レースの振り返りです。アンタレスS・皐月賞ともに波…

  4. 競馬予想の備忘録

    ダービー卿CT・大阪杯の振り返り(2017年)

    先週予想をアップした重賞レースの振り返りをしていきます。馬券の…

  5. 競馬予想の備忘録

    函館スプリントSの予想を振り返る(2016年)

    6月19日(日)に行われた函館競馬場のメインレース、函館スプリントS(…

  6. 競馬予想の備忘録

    東京新聞杯・きさらぎ賞の振り返り(2017年)

    今日予想を書いた東京新聞杯ときさらぎ賞を中心に、今日一日の競馬予想と馬…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

競馬初心者向けコンテンツ

G1レース特集

あなたにとって競馬とは?

競馬を楽しみ・馬券で稼ぐスタートライン!『競馬の基礎知識』

公式Facebookページ

公式LINE@

友だち追加

スポンサーリンク

  1. 競馬予想・G2

    フィリーズレビューの予想(2017年)
  2. 競馬予想の備忘録

    ダービー卿CT・大阪杯の振り返り(2017年)
  3. 競馬予想の備忘録

    阪急杯・中山記念の振り返り(2017年)
  4. 競馬予想・G3

    フラワーCの予想(2017年)
  5. 競馬予想の備忘録

    ユニコーンSの予想を振り返る(2016年)
PAGE TOP