POG指名馬(2017-2018)

2017年の日本代表ダービーが終わり、POGのシーズンも終了しました。
昨シーズンはアルアインを指名しており、見事に皐月賞を勝ってくれたおかげで
グループ内では3位という好成績を残すことが出来ました!

本当にあっという間の一年だなと実感するとともに、
また新たなシーズンがやってくる楽しみもあります。

ということで、本日は参加しているPOGグループの
ドラフト会議が行われ、2017-2018シーズンの指名馬が確定しました。

今シーズンもG1制覇を目指すのはもちろん、
日本ダービーを制して1位を獲得したいところです!

2017-2018シーズン 指名馬

レイエンダ(牡)

厩舎:藤沢和雄 (美浦)
父:キングカメハメハ
母:ラドラーダ

短評

ご存知、2017年の日本ダービーを制覇したレイデオロの全弟になります。
2年連続で兄弟がダービー制覇することは難しいかもしれませんが、
もともとダービーが終わる前から藤沢和調教師もレイデオロ以上に
期待しているとコメントを残している逸材なだけに、
まずは順調に成長してキャリアを積んでほしいところですね。

ダノンマジェスティ(牡)

厩舎:音無秀孝(栗東)
父:ディープインパクト
母:ドバイマジェスティ

短評

こちらも皐月賞を制覇したアルアインの全弟。
完全に実績ベースの兄弟を指名というワンパターン?な感じですが。。
母が短い距離での実績があっただけにアルアインも距離はそこまで
持たないかなという印象はありましたが、同馬もマイル~2000くらいまでが
良さそうな評判がありますね。
皐月賞兄弟制覇を目指して頑張ってほしいです!

ポンデザール(牝)

厩舎:堀宣行 (美浦)
父:ハーツクライ
母:ジョコンダII

短評

サトノクラウンの半妹になりますね。
サトノクラウンはクラシック路線でも活躍しましたし、
牝馬でハーツクライ産駒というのが好印象だったので上位で指名しました。
当然、オークスを目標に頑張ってほしいところです。

エントシャイデン(牡)

厩舎:矢作芳人 (栗東)
父:ディープインパクト
母:ルシュクル

短評

ブランボヌールの全弟で、母父サクラバクシンオーという血統のルシュクル。
姉と同様に早い時期からの活躍が見込めそうですが、
ディープ産駒らしい切れ味を持って阪神JF、桜花賞、NHKマイルカップ
といった路線で活躍して欲しいです。

トーセンブレイヴ(牡)

厩舎:池江泰寿(栗東)
父:キングカメハメハ
母:ギーニョ

短評

名門池江泰寿厩舎からはキングカメハメハ産駒のトーセンブライヴを指名できました。
母父はサンデーサイレンス、母の母はフェアリードールでトゥザヴィクトリーと
近い血統にある良血馬ですね。
兄弟こそ、まだクラシックでの活躍馬が出ていませんが、
名門池江厩舎でトレーニングを積み、是非とも王道路線で活躍して欲しいです。

アプルーヴァル(牡)

厩舎:音無秀孝 (栗東)
父:オルフェーヴル
母:ファシネイション

短評

今シーズン注目の新種牡馬、オルフェーヴル産駒からは
母父にシンボリクリスエスを持つ同馬を指名しました。
自分が参加しているPOG大会のルール上、毎シーズン新種牡馬を
1頭指名しなければいけないというルールもあっての指名です。
母父シンボリクリスエスは今年のダービーでもレイデオロとアドミラブルが
該当する旬な血統なだけに、名馬オルフェーヴルの血を引き継いでの
活躍に期待しています。

パスティエーラ(牝)

厩舎:藤沢和雄 (美浦)
父:キングカメハメハ
母:パストフォリア

短評

牝馬クラシック路線で期待しているのが同馬。
キングカメハメハ産駒で母父がシンボリクリスエスという血統は
レイデオロや1位指名したレイエンダと同様。
さらに藤沢和雄厩舎まで同じで牝馬というのが特徴的ですね。
思っていたよりPOGグループ内では名前が挙がらなかった馬ですが、
密かに期待を寄せています。

モンアムール(牝)

厩舎:角居勝彦 (栗東)
父:ディープインパクト
母:オンヴェラ

短評

ディープインパクト産駒の牝馬で密かに注目しているモンアムール。
こちらも他チームと競合することなく指名することが出来ました。
名門角居厩舎で鍛えてもらい、桜花賞あたりを目標に頑張ってほしいですね。

ミュージアムヒル(牝)

厩舎:古賀慎明 (美浦)
父:ハーツクライ
母:ロレットチャペル

短評

ハーツクライ産駒で母父フレンチデピュティという安定の血統。
評判は高くないようですが、早い時期からの活躍が期待できそうで、
阪神JFあたりを目標にコンスタントにレースを重ねていって欲しいですね。

フェイスマーク(牝)

厩舎:田中剛 (美浦)
父:ローエングリン
母:ステレオタイプ

短評

最後の指名は皐月賞馬ロゴタイプの全妹にあたるフェイスマーク。
ロゴタイプに似ているとのコメントがあり、マイル前後で面白いかなと思っています。
成長が少しゆっくりになる可能性はありそうなので
クラシックに間に合うかどうかは微妙なところですが、
穴っぽい感じで頑張ってほしいところですね。

ワイルドカード

マチカネタマカズラの2015(牝)

厩舎:角居勝彦 (栗東)
父:ハーツクライ
母:マチカネタマカズラ

短評

予備で確保できたのが同馬。
ホウオウパフュームの全妹でハーツクライ産駒というのは
クラシックでの活躍が期待できるだけに、途中での入れ替えも検討しています。

イシュトヴァーン(牝)

厩舎:石坂正 (栗東)
父:ルーラーシップ
母:ドナウブルー

短評

今年が初産駒となるドナウブルーを母に持つイシュトバーン。
厩舎ゆかりの血統でもありますし、コンスタントに好走馬を輩出する
血統なので本使命でも良かったくらいです。
楽しみなので、状況を見て投入してもいいかなと思っています。

まとめ

今シーズンは王道の種牡馬、生産牧場、厩舎を中心にピックアップしました。
競馬の予想以上にどうなるか分からないのがPOGの魅力でもありますが、
とにかく全馬無事にデビューして、1勝は挙げて欲しいところですね!

人気の記事

あなたにとって競馬とは?

競馬を楽しみ・馬券で稼ぐスタートライン!『競馬の基礎知識』

スポンサーリンク

  1. 競馬予想の備忘録

    上半期の振り返りと下半期に向けて
  2. 競馬予想・G1

    日本ダービーの予想(2018年)
  3. 競馬予想の備忘録

    函館スプリントSの予想を振り返る(2016年)
  4. 競馬予想の備忘録

    NZT・阪神牝馬S・桜花賞の振り返り(2017年)
  5. 競馬初心者向けコンテンツ

    騎手の負担重量について
PAGE TOP