競馬を楽しみ・馬券で稼ぐスタートライン!『競馬の基礎知識』

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます!

競馬予想Stlyeを運営している呉と申します。

今回は普段のブログなどでは触れない
競馬の本質についてお話ししながら、
最後に僕からのプレゼントをご用意しています。

突然ですが、このページにアクセスいただいたあなたは
競馬に対してどの程度の知識があり、
どれくらい馬券に対してのウエイトを置いていらっしゃるでしょうか?

これからお話しすることは「馬券で稼ぎたい」と思っている人の方が
ピンと来る内容が多いかもしれませんが、
「これから競馬を始めてみたい!」という方にも
是非意識していただきたいことでもあります。

「稼ぐ」だけの競馬ライフに満足していますか?

競馬の取り組み方は人それぞれですが、
少なくとも「楽して」「簡単に」「誰でも」といった類の、
知性のかけらもない情報をお求めの方にはご遠慮いただいております。

競馬を本業にしろとは言えませんが、少なくとも真剣に取り組んで
稼ぎたいといった方に向けて、真剣に書き上げましたことを
ご理解いただければ幸いです。

このメッセージだけでも競馬の見方が変わります

このメッセージは、売り込みでも何でもなく、読んで頂くだけでも
価値のある競馬に対する見方を変えることの提供をテーマに書き上げています。
従って、何かを売り煽る様な内容ではありませんので、
安心して最後までしっかりと読んで下さい。

僕が競馬と出会ったのは中学3年生の時です。
それ以降、10年以上にわたって競馬を見続け、
20歳になってから5年以上、ほぼ毎週のように
馬券を買って競馬を楽しんでいます。

いまとなってはライフワークとなっていますが、
それまでは競馬の本当の面白さに気付いていませんでした。

馬券の収支で言えば人に自慢できるほどの的中はないかもしれません。

しかし、競馬の「本当の面白さ」は馬券の収支だけに左右されない
自分だけの競馬スタイルを確立することであると気付いたのです。

従って、いわゆる従来の競馬情報商材のように、
「馬券の買い目だけを垂れ流す」ことや「限定的なテクニック」だけを
お伝えすることはしません。

同様に、「馬券で稼げればあとは何でもいい」という
「お金」だけにフォーカスしている方にも合わない内容です。

いますぐ、画面を閉じてもらって結構です。

あなたにとって「競馬」とは?

こう聞かれて、即答できる方が何人いらっしゃるでしょうか?

僕自身も、競馬を見始めてから10年以上経ちますが、
つい最近まで答えることができませんでした。

と言うより、そんなことを聞かれたこともなかったし、
考えたこともなかったです(笑)

競馬には様々な要素があり、
楽しみ方も人それぞれです。

馬券を買って儲けたい
競走馬の走る姿が好きだ
大人数でワイワイしたい
好きな騎手を応援している

どれも正解です。

とはいえ、恐らくこのページを読んでいるあなたは一番上の
「馬券を買って儲けたい」という気持ちが少なからずあるのではないでしょうか?

もちろん、僕もそのうちの一人ですが、
だからといって「お金」が全てだとは思っていません。

そして何よりも、競馬は自分の人生にとって
付加価値を与えてくれるものであり、
間違っても「馬券だけで生活したい」とか、
「馬券の稼ぎで豪遊しよう」なんて気持ちは一切ありません。

競馬は楽して稼げるのか?

あなたが馬券を買う目的は何でしょうか?

応援馬券を除けば、「儲けたいから」が
最もシンプルであり、本質的な答えです。

そこで更に出てくるテーマが
「楽して稼げるのか?」です。

YESかNOで聞かれれば、ハッキリ言いますと、

YES】です。

これは、競馬に限らず投資や副業、ネットビジネスなど
全てに言えることなので、より身近な例に例えて説明します。

世の中には大きく分けて二つの稼ぎ方があります。

抽象的な説明だと理解の不一致が起きるかもしれないので、
具体例を用いて説明します。

【パン工場のスタッフ】と【パン店のオーナー】

身近な例としてこの2つの仕事について考えてみましょう。

パン工場のスタッフ

もしあなたがパンを製造する工場に勤務していたらどうでしょうか?
来る日も来る日もベルトコンベアから流れてくるパンの仕分けを行い、
あなたの仕事は出荷できるパンを見極めることに尽きます。

パン店のオーナー

もしあなたがパン店のオーナーだったらどうでしょうか?
来る日も来る日も、お客様のためにパンを焼き上げ、販売し、
営業が終われば売り上げと経費をにらめっこします。

要するに、【事業者】 なのか【従業員】 なのか
基本的な稼ぎ方はこの2つしかありません。

そして、最も重要なことがあります。

それは、どちらが優れているとか、どちらが稼げるとか、
そんなことではありません。

あなたがどちらの役割で自分に与えられた
【人生】を全うしたいかが重要なのです!

まず先に、これを明確にしましょう。

一見、競馬と関係ないように感じるかもしれませんが、
もう少しお付き合いください。

先ほど申し上げた【事業者】と【従業員】を例にして
考えてみましょう。

もし、あなたが大きな責任や事業を発展させるという行動にストレスを感じ、
与えられた仕事を過不足無くこなす事に喜びを感じるのであれば、
【従業員】である方が圧倒的に幸福です。

もし、あなたが自分の思った通りに行動できない不自由に対して大きなストレスを感じ、
自らの意思で生み出す仕事に対して結果を出す事に喜びを感じるのであれば、
【事業者】である方が圧倒的に幸福です。

これを踏まえた上で、冒頭の質問に答えた場合、

【従業員】が幸福な人にとって【事業者】は苦でしかなく、
【従業員】の方が楽して稼げると言えます。

【事業者】が幸福な人にとって【従業員】は苦でしかなく、
【事業者】の方が楽して稼げると言えます。

さらに深掘りをすれば、
【従業員】は仕事を「与えられる」立場であり、
与えられた仕事をこなしていくのが役割です。

【事業者】は仕事を「与える」立場であり、
必要によっては「生み出す」ことが求められる役割です。

【従業員】は「与えられた仕事」に対して
どうこうできる立場ではありません。

与えられた内容が自分に合っていれば「楽しい」と感じますが、
自分に合わない時は「苦痛」になります。

一方で、与える側は自分の頭で考えて仕事を与え、
あるいは生み出す必要があります。

上手く行くこともあれば、時間がかかることもあるでしょう。

どちらの立場であれ、共通して言えることは
必ずしも成果に結びつく保証はないということです。

【従業員】であれば、明日突然会社が潰れるかもしれないし、
リストラされて仕事がなくなるかもしれません。

【事業者】であれば売り上げが上がらず、
資金が回らなくなってしまうかもしれません。

これがそれぞれの役割の特性です。

つまり、自分で責任を取って決断をし、
行動する様な事を苦手とする人は
【従業員】を目指すべきです。

逆に、人にコントロールされる事に不自由さを感じ、
自ら責任を背負ってでも行動したい人は
【事業者】を目指すべきなのです。

そろそろ競馬の話をしましょう

ここまでお付き合い頂いたあなたは、
「競馬」というカテゴリーを飛び越えて
ご自分の人生についてもしっかりと考えている方です。

なぜここまで競馬の話をほとんどしなかったかと言えば、
とにかく「馬券で稼ぐ」ことしか頭にない人は
ここまで到達しないと確信しているからです。

では、ここからは競馬に置き換えて話を進めていきます。

時代とともに変化する競馬界

日本競馬はすでに100年以上の歴史があります。

その中で、いわゆる「現代競馬」と呼ばれるのはここ30年くらいでしょうか。

その間、「競馬の情報商材」がたくさん出回り、
「競馬予想会社」なるものも誕生してきました。

ここまでお読みの方は、一度は情報商材や
予想会社の予想を買われた経験があるかもしれませんね。

僕も過去に競馬予想会社の予想を買ったことがあります。

2ヶ月ほど予想を聞きましたが、1度も的中することはありませんでした。

当時は「詐欺じゃないか!!」と腹を立て、
二度と情報商材や競馬予想会社の予想なんかアテにするかと心に誓ったものです。

何が悪で、何が善か

ここで大事なことは、的中しなかった情報が
詐欺だとか悪だとか騒ぐことではありません

確かに、あたかも「少ないリスクで儲かります!」
みたいな煽り系の宣伝や情報提供は良く思いませんが、
最終的にその情報を得たいと決断したのは自分自身に他なりません。

つまり、「馬券の買い目」という最終判断を
人に委ねたわけです。

その時点で、たとえその情報が当たろうが外れようが、
最終的な責任は自分にあります。

ここをしっかりと意識してください。

先ほどの従業員と事業者の例で言えば、
従業員マインドに人は「当たらない情報を流しやがって、詐欺だ!」と
人のせいにします。

事業者マインドの人は
「結局は他人の予想(情報)であり、その情報を購入したのは自分自身だ」
と自分に責任を感じます。

身近なところにも「他人の情報」はたくさんあります

先ほどの例は極端かもしれませんが、
実際に私たちが馬券を買う際に競馬新聞を買ったり、
スポーツ紙の競馬欄を読んで参考にすると思います。

そこで必ず登場するのが、新聞記者や競馬好きな芸能人の予想です。

これらの情報は新聞を読む限り、少なからず目に入ってくるものです。

人間は目で見た情報は少なからず頭に刻まれ、
記憶に残るものです。

私たちは馬券を買おうとする段階で、
予想会社だろうが情報商材だろうが、
メルマガだろうが新聞だろうが、

知らず知らずのうちに他人の予想や意見が刷り込まれており、
自分の意思や判断が削られているのです。

これは単勝オッズを見ても同じことが言えます。

単勝オッズの仕組みは実際に単勝馬券が
買われている割合で決まっています。

つまり、オッズを作り出しているのは馬券を買っている
他人の予想の集まりとも言えます。

もちろん、中には新聞記者や馬主など、
私達よりも現場レベルでの情報量が豊富な
競馬関係者も含まれています。

とはいえ、本質的に見れば結局は
「他人の予想」の集まりです。

もう一度言いますが、私たちは知らない間に他人の予想や
情報が刷り込まれ、それの積み重ねによって
自分の大切なお金を使い、馬券を買っています。

他人の予想に頼った結果、思うことは

このように、私たちは知らない間に様々な情報を
インプットしながら、最終的には自分の判断で馬券を買っています。

的中してリターンを得ることができれば快感ですが、
外れた時に思うことはなんでしょうか?

あの新聞記者を信じたのがダメだった
関係者のコメントと違うじゃないか
騎手の乗り方が悪い

こう思った経験はありませんか?

もちろん、僕自身もそう感じることはあります。
全くないと言えば嘘になるでしょう。

しかし、結局は他人のせいにしているだけです。

「他人のせい」にしている以上、自分に得られることは限定されます。

つまり、「責任」の矛先を真っ先に
「他人」に向けるのか「自分」に向けるのかによって
大きく異なると言うことです。

仮に、自分自身の力で情報収集し、分析し、決断した馬券ならどうでしょうか。

確かに騎手の乗り方云々はあるかもしれませんが、
基本的には納得できる部分、次に繋がる情報を得られることが多いはずです。

H自分自身の確固たるスタイルを確立する必要がある

競馬の情報を得るためには様々な方法があります。

新聞、雑誌、インターネット、予想会社、情報商材などなど。

特に「馬券で稼ぐ」系のノウハウ関連の多くは
特定の券種や条件に特化したテクニックを扱っている
場合がほとんどです。

一方で、実践する自分自身がブレないスタイルを確立するための
方法は意外と浸透していないように感じます。

ある時は3連単を買って、
またある時は馬単を買って、

ある時は本命重視、
またある時は穴馬狙い

そういったコロコロと考え方や買い方を変えては結果が出ず、
思い悩む日々が続いてはいませんか?

それって本当に楽しいでしょうか?

馬券の当たり外れは、私たちではコントロール仕切れない部分がたくさんあります。

馬場状態(天候)、騎手の得意不得意、馬の調子など

そういった状況下で「完璧」を目指すことは現実的ではありません。

あらゆる券種・競馬場・レースから選び抜く力

現在の中央競馬は、毎週最低でも2場は開催しており、
3場開催なら1日で36レース行われます。

その中から自分が馬券を買うレースを選び、
本命や対抗馬を選び、券種を選び、
馬券を購入します。

これだけの作業を短時間でこなすには相当なスキルが必要です。

とはいえ、そんなことをいちいち意識して馬券を買っている人は
恐らくほとんどいないでしょう。

一方で、1つ1つのレースに対して丁寧にアプローチし、
意識をすることができれば、どんなレースにも対応することができます。

自分の不得意な条件は避けるとか、
購入金額が決まっているから配分する時間は短いとか、
少しずつでも自分だけのスタイルを確立すれば、
それは自分だけの財産になります。

時代や他人の情報に左右されず、自分だけの競馬スタイルを確立すること

いろんなことを書いてきましたが、
僕が一番言いたいことはこれです。

その中でも、特に大事にしているキーワードが3つあります。

判断力・精神力・資金力

1つずつ簡単に説明します。

競馬における判断力とは?

馬券を買う上で、私たちは様々な選択を迫られます。

レースを選び、馬を選び、券種を選び、金額を選び・・・

知らず知らずのうちに判断力が養われています。

実際に馬券を買う際にこれだけの短時間で
次々に選択を迫られるということ、
日常生活や仕事において、どのくらいあるでしょうか?

馬券を買う時が一番頭を使う、
という方も結構いらっしゃるかもしれません。

それだけ、馬券を買うにあたって「判断力」は重要です。

競馬における精神力とは?

馬券で稼ぎたいと思う反面、
なかなか思うような結果が出ない人はたくさんいると思います。

何か新しい情報やノウハウを学んでも、
すぐに結果が出るとは限りません。

もし結果が出ても、「結果が出続けなければ」意味がありません。

馬券が外れて嬉しい人はいませんよね。

一方で、たくさんの外れがあるからこそ、
的中したとき、利益が出たときの快感は忘れられないものです。

人生と同様、何事も上手くいくとは限らないのが馬券を買い続けることであり、
困難や辛い状況があっても、それを乗り越える
精神力が養われていることにお気づきでしょうか?

競馬における資金力とは?

馬券を買うことは投資であり、
的中して得られる配当はリターンとなります。

馬券にどれだけの資金を投じることができるかは
人によって異なります。

年収が多いからといって馬券に大金を使うとは
限らないですし、例えば食事や洋服を買うのを我慢してでも
馬券に多額の資金を投じる方もいらっしゃるでしょう。

どちらが良い悪いとは言いませんが、
いずれにしても資金力を養うことは重要です。

資金がなければ馬券が買えません。

生活に困るような状況で馬券を買うべきではないですからね。

許容範囲は人それぞれですが、いずれにしても
馬券を買い続けることができるだけの
資金力はキープしておかなければいけません。

馬券を通じて判断力・精神力・資金力を養う

僕が目指す最終目的はこれです。

もっと言えば、判断力・精神力・資金力を養い、
総合的な自分力を上げていくことを目指しています。

これらを養うことで、私生活であったり、仕事にも役に立つ
力に変えることを目的としています。

判断力があることで、新たな決断やリスク回避が可能になります。

精神力があることで、忍耐強くなり信頼を得ることができます。

資金力があることで、新たな情報収集や経験に費やし、
自分へ投資するための資金となります。

これらの力を養うことを「競馬」という
誰でも参加できるコンテンツから
得ることを目指しています。

自分にとっての競馬とは?

競馬には様々な要素があるとお話ししましたが、
あなたにとっての競馬とは何か
考えていただくキッカケになればと思っています。

そこで、ここまでお付き合いいただいたあなたに
プレゼントをご用意しました。

競馬を楽しみ・馬券で稼ぐスタートライン!『競馬の基礎知識』

このレポートは僕自身が10年以上にわたって競馬に携わり、
得てきた情報や経験などもまとめています。

単なる競馬の基礎知識を羅列しただけのレポートではありません。

全113ページで1つ1つのコンテンツを真剣に考えて書き上げています。

料金は一切かかりませんので、競馬の基礎的な部分が知りたいという方は
是非ご活用いただければと思います。

無料レポートのお申し込みは下記フォームよりお願いいたします。

最後に

僕は常日頃から何事も基本が大事だと思っています。

色々なことを書いてきましたが、
大事なことは一度冷静になって
原点に戻ることです。

そもそも、これから競馬を始めたいと思っている方には
是非とも自分を失わないような意識を持って取り組んでいただきたいです。

競馬は毎週やってきます。

あの震災があった時ですら、
一時的な中止や変更はあったものの、
基本的には開催をしていました。

JRAはそう簡単に無くなりはしません。

つまり、私たちは毎週成長できるチャンスがあるのです。

いま、自分が思うような成果が出ていない方こそ、
基本に戻って、もう一度自分にとっての競馬とは?
を考えていただくキッカケになれば幸いです。

最後までお読みいただき、
本当にありがとうございました。

競馬を楽しみ・馬券で稼ぐスタートライン!『競馬の基礎知識』


  1. 競馬予想の備忘録

    シンザン記念・フェアリーSの振り返り(2017年)
  2. 競馬予想・G1

    NHKマイルカップの予想(2017年)
  3. 競馬予想の備忘録

    根岸ステークスの振り返り(2017年)
  4. 競馬予想・G2

    日経賞の予想(2017年)
  5. 競馬予想・G2

    中山記念の予想(2017年)
PAGE TOP