競馬予想・G1

宝塚記念の予想(2017年)

上半期の総決算、グランプリ宝塚記念の日がやってきましたね。
昨年はマリアライトの激走で盛り上がりましたが、
今年は荒れなさそうな気がしています。

結局キタサンブラックが勝つのでしょうか。

やってみないと分からないところはありますが、
今回もレース運びがしやすい外枠に入っていたりと
何とも言えない働きがあるような気もしています。

とはいえ、堅い予想をしても仕方ないので、
中波乱くらいのイメージで積極的な予想をします!

宝塚記念の予想

宝塚記念の予想印

サトノクラウン
〇シュヴァルグラン
▲キタサンブラック
△スピリッツミノル、レインボーライン、ヒットザターゲット

注目馬の根拠

◎サトノクラウン

本命はサトノクラウンにします。

前走の大阪杯でも本命にしていて、結果的には不発に終わったと思います。
今回は天皇賞を挟まずにここを目標にじっくり調整されていますし、
馬場が渋るのも好材料でしょう。

キタサンブラックを見ながらレースを運べる
大外枠も今回は好材料。

あとはキタサンブラックに気を遣わず、
本気で勝ちに行く騎乗をしてくれれば面白いと思っています。

〇シュヴァルグラン

対抗はシュヴァルグランにします。

本来は良馬場の方がいい馬だと思いますが、
思っていた以上に馬場は悪くならなそう。

惜敗続きの印象ですが、逆に言えばコンスタントに
好走できるとも言えます。

着実に力は付けているので、人気を落としている今回は
面白いなのではないかと思っています。

▲キタサンブラック

単穴はキタサンブラック。

全体を見ながらレースが運べる外枠に入っていて、
メンバー的にも馬券圏内はまず外さないでしょう。

本当は、飛んでくれた方が面白いですけどね。笑

阪神の内回りコースというのが他のレースと違うところで、
昨年も3着に敗れているように決して得意とは言えない舞台。

地力で上位には来れると思いますが、1倍台になるほどの
条件かと言われれば疑問な部分もあるだけに
他の馬にも一矢報いて欲しいところです。

その他

堅い決着になる気がしていますが、宝塚記念に関しては
荒れることも珍しくないので、スピリッツミノル、ヒットザターゲット辺りの
激走に少し期待しています。

馬券の買い目

・単複馬券:◎サトノクラウン
・馬単
◎→〇▲
・3連複フォーメーション
1列目:◎
2列目:〇▲
3列目:▲△

宝塚記念の予想は以上です!

ピックアップ記事

  1. 単複馬券でオススメの競馬本
  2. 2016年馬券収支
  3. わざわざ馬券の収支を公開するワケとは?
  4. 「勝負師の極意」おすすめ競馬本
  5. 馬場状態について

関連記事

  1. 競馬予想・G1

    ヴィクトリアマイルの予想(2018年)

    ヴィクトリアマイルの予想です!今年はメンバーの実力が拮抗してお…

  2. 競馬予想・G1

    秋華賞の予想(2017年)

    3歳牝馬最後の1冠、秋華賞がやってまいりました。京都競馬場の内回り…

  3. 競馬予想・G1

    有馬記念の予想(2016年)

    こんにちは!今日も競馬予想Styleのブログを見て頂き、ありがとう…

  4. 競馬予想・G1

    スプリンターズSの予想(2017年)

    いよいよ今日から10月に入り、秋競馬が本格的にスタートしてきますね。…

  5. 競馬予想・G1

    秋華賞の予想(2016年)

    こんにちは!今日も競馬予想Styleのブログを見て頂き、ありがとう…

  6. 競馬予想・G1

    宝塚記念【予想】~G1特別版~(2016年)

    こんにちは!競馬予想Styleです。普段、このブログでは予想し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 中山記念の予想(2019年)
  2. ダイヤモンドS・京都牝馬Sの予想(2019年)
  3. 第36回フェブラリーSの予想(2019年)
  4. お久しぶりです&YouTubeでラジオ番組始めました
  5. 日本ダービーの予想(2018年)

競馬初心者向けコンテンツ

あなたにとって競馬とは?

競馬を楽しみ・馬券で稼ぐスタートライン!『競馬の基礎知識』
  1. 競馬予想の備忘録

    金鯱賞・中山牝馬S・フィリーズレビューの振り返り(2017年)
  2. お知らせ

    初めまして、改めまして。
  3. 競馬予想・G1

    皐月賞の予想(2017年)
  4. 競馬予想・G2

    中山記念の予想(2017年)
  5. 競馬初心者向けコンテンツ

    競馬の距離体系について
PAGE TOP