競馬予想・G3

中山金杯・京都金杯の予想(2017年)

こんにちは!競馬予想Styleです。

年始の中央競馬はいつも変則的な開催ですが、今年も平日の今日が金杯レースという平日に仕事がある人にとってはファン泣かせの日程かもしれませんね。とはいえ、最近ではネット投票も当たり前になっているので、売上自体はそこまで大きく落ち込まないのかもですね。

さて、今年一発目の予想記事は中山金杯・京都金杯からです!
中山金杯に関しては、昨年は見事勝利したヤマカツエースの単複馬券を買っており、幸先の良い一年だ!と思ったのをよく覚えています(笑)
結果的には年間赤字になってしまったので、あまり関係ないですね。。とにかくブレずに買い続けますよ!

中山金杯の予想

まずは中山金杯の予想からです!

中山金杯の予想印

まずは予想印からです。
◎ダノンメジャー
◯シャイニープリンス
▲ツクバアズマオー
△クラリティスカイ、マイネルフロスト、カムフィー

注目馬の根拠

基本的には内枠で好位から競馬ができそうな馬を中心に考えています。中山金杯は毎年内枠の馬が好走していますし、やはり好位からコースロスなく抜け出して押し切る競馬が理想的なのかなと思います。

馬券の買い目

買い目はいつも通りの3連複フォーメーションです!
1列目:◎〇
2列目:◎〇▲
3列目:▲△

京都金杯の予想

続いて、京都金杯の予想に行きます。

京都金杯の予想印

◎エアスピネル
◯ブラックムーン
▲ブラックスピネル
△ケントオー、テイエムタイホー、ミッキージョイ、アストラエンブレム、マイネルハニー

注目馬の根拠

本命はエアスピネルにします。今まで走ってきたメンバーを考えれば、このメンバーでは格上でしょう。陣営としても惜敗続きにピリオドを打って、古馬としてG1戦線の主役に躍り出るような活躍を期待していることでしょう。
あとは中山と同じように内枠を優先的に考え、京都実績や昨年の実績からピックアップしています。特に昨年人気薄で3着だったテイエムタイホーが今年もかなり人気薄なので、これがリピートで激走したらかなり熱いですね!

馬券の買い目

買い目はこちらも3連複フォーメーションです。エアスピネルがかなり人気集中しそうなので軸1頭にしようかなとも思いましたが、もし飛んだときに配当が上がるので、ブレずにフォーメーションにします!
1列目:◎〇
2列目:◎〇▲
3列目:▲△

まとめ

今年最初の重賞レース、的中したいですね!
中山金杯は昨年も的中できているので相性が良いですし、とにかく昨年の後半から実践している3連複フォーメーションで結果を出したいので、焦らずに虎視眈々と買っていきたいと思います!

ピックアップ記事

  1. 競馬に関わる仕事とは
  2. わざわざ馬券の収支を公開するワケとは?
  3. 「勝負師の極意」おすすめ競馬本
  4. 競走馬の走り方とコースの得手不得手
  5. 馬場状態について

関連記事

  1. 競馬予想・G3

    共同通信杯の予想(2017年)

    競馬予想Styleです!今年のクラシック戦線もいよいよ重要なス…

  2. 競馬予想・G3

    エプソムカップの予想(2017年)

    先週の安田記念では本命のサトノアラジンが見事に勝ち切ってくれて久し…

  3. 競馬予想・G3

    福島牝馬Sの予想(2017年)

    今日の福島競馬メインレース、福島牝馬Sの予想です。春の福島開催…

  4. 競馬予想・G3

    中山牝馬ステークスの予想(2017年)

    おはようございます!競馬予想Styleです。今日の中山メイン、…

  5. 競馬予想・G3

    小倉大賞典の予想(2017年)

    フェブラリーSの裏で開催される小倉大賞典ですが、ハンデ戦ということで馬…

  6. 競馬予想・G3

    ダイヤモンドSの予想(2017年)

    今日の東京メインレース、ダイヤモンドSの予想をしていきたいと思います。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

競馬初心者向けコンテンツ

G1レース特集

あなたにとって競馬とは?

競馬を楽しみ・馬券で稼ぐスタートライン!『競馬の基礎知識』

公式Facebookページ

公式LINE@

友だち追加

スポンサーリンク

  1. 競馬予想・G3

    中山金杯・京都金杯の予想(2017年)
  2. 競馬予想・G1

    ヴィクトリアマイルの予想(2017年)
  3. 競馬予想・G2

    弥生賞の予想(2017年)
  4. 競馬予想・G1

    有馬記念の予想(2016年)
  5. 競馬予想の備忘録

    鳴尾記念の予想を振り返る(2016年)
PAGE TOP