桜花賞の予想(2017年)

いよいよ今年の3歳クラシックレースが開幕しますね。

まず牝馬3冠の第一弾となる桜花賞ですが、
阪神競馬場は金曜日からの雨で稍重くらいになりそうでしょうか。

これまでの同じ芝1600mの傾向を見ていると、
そこまで極端に内が悪いとか大外枠が良いなどといった
偏りは無いように感じます。

騎手の乗り方ひとつでしょうかね。

また、3歳牝馬ということで最終的な馬体重の増減にも
注意したいところです。

それでは、桜花賞の予想です!

桜花賞の予想

まずは桜花賞が行われる阪神競馬場芝1600mの特徴をおさらいしておきしょう。

桜花賞のコース解説

スタート地点はバックストレッチの奥で、スタートしてからしばらく直線となっているのが特徴的。

そのため、枠順の有利不利はあまりなく、先行争いもメンバー次第ではあるものの、
そこまで激しくはならない傾向にあります。

4コーナーから緩やかな下りとなっており、直線に向いてからも半ばくらいまでは下っていきます。

直線は約470mとゆったりしており、ゴール前に急坂があるのが特徴的です。

基本的には道中は後方で脚を溜め、直線で瞬発力を活かす競馬の出来る馬が
有利となっていますが、ペース次第では逃げ・先行馬が残るケースもあるため、
展開をある程度読んでおくのも重要と言えるでしょう。

桜花賞の予想印

アエロリット
〇ソウルスターリング
▲カワキタエンカ
△ジューヌエコール、アドマイヤミヤビ、ミスパンテール

注目馬の根拠

◎アエロリット

本命はアエロリットにします。

デビューからコンスタントに安定した実績を残しているものの、
その割には人気になっていない印象です。

馬場が渋っており、良馬場のような単なる瞬発力勝負には
ならなそうなイメージがあるので、早めに抜け出して粘り込む
形の競馬ができそうなアエロリットに期待してます。

人気薄の横山典弘騎手、クロフネ産駒も好材料です。

〇ソウルスターリング

デビューから圧巻のパフォーマンスが続いており、
単勝オッズ1倍台も納得できるソウルスターリングは対抗までにします。

当然、これまでの実績を考えれば力は上位ですが、
あまりにも人気が集中し過ぎているので印は一つ落としました。

馬場が渋っているとはいえ、まともに走れば馬券圏内は入るでしょう。

▲カワキタエンカ

断然人気馬がいるときはヒモ荒れしやすいというのが競馬の格言?とも
言える傾向があり、人気薄のカワキタエンカを単穴にします。

新馬戦とデビュー2戦目が共に道悪の中で好走しており、
ディープインパクト産駒の中でも道悪がこなせる馬だと評価しています。

大外枠に入り、更に今年は穴馬をよく上位に持ってくる和田竜二騎手が
鞍上と言うのも好材料です。

ノーマークだと思いますので、一発に期待します。

その他

アエロリットと同じくクロフネ産駒で、新馬戦を道悪で勝っている
ジューヌエコールは穴で期待しています。

あとはキャリアは浅いものの、ミスパンテールも注意してみてみたいと思っています。

馬券の買い目

・単複馬券:◎アエロリット
・3連複フォーメーション
1列目:◎〇
2列目:〇▲
3列目:▲△
・3連単フォーメーション
1列目:◎
2列目:〇▲
3列目:〇▲

桜花賞の予想は以上です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA