大阪杯の予想(2017年)

少し早いですが、大阪杯の予想をしていきたいと思います。

最終的な馬券購入は明日の馬体重発表まで待ちますので、
少し馬券の買い目が変わる可能性はあります。ご了承ください。

G1に昇格されたということで、ここを目標にステップレースを使ってきた
馬たちの仕上がりが気になるところです。

ローテーション的には天皇賞・春に向かう馬より中距離の
宝塚記念を狙っている馬もいると思いますので、
そういった意味で中距離路線組にとっては余裕のあるローテーションになるので
プラス材料と言えますね。

では、大阪杯の予想です!

大阪杯の予想

まずは大阪杯が行われる阪神競馬場芝2000mの特徴をおさらいしておきしょう。

大阪杯のコース解説

スタート地点は正面スタンド前、4コーナーの出口付近となっています。

1コーナーまでの距離は325mで、スタートしてすぐに坂を上っていくコース形態。

内回りコースを使用するので、一周強回ることになります。

1コーナー過ぎから向こう正面は平たんで、、3~4コーナーにかけて緩やかに下ります。

最後の直線距離は約359mとなっており、さらに残り200m付近でゴール前の急坂が待ち構えているコース。

コーナリングの器用さと最後の坂を駆け上がる力強さが問われるコースとなっています。

大阪杯の予想印

サトノクラウン
〇キタサンブラック
▲サクラアンプルール
△ミッキーロケット、ディサイファ、アンビシャス、マカヒキ

注目馬の根拠

◎サトノクラウン

本命は連勝中のサトノクラウンにします。

香港での勝利も強い内容でしたが、帰国後の前走も先行抜け出しで強い競馬。

鞍上が引き続きデムーロ騎手なのも好材料で、この舞台でも早めの競馬から
キタサンブラックを捉えに行くか、デムーロ騎手ならキタサンブラックよりも早く
抜け出して、なんてシーンもあるかもしれません。

とにかく具合が良さそうなので、連勝での国内G1制覇に期待します。

〇キタサンブラック

ここが本番ではないローテーションですが、休み明けでもしっかりと結果を出せる
安定感はメンバーの中でも随一。

今回は恐らくロードヴァンドールとマルターズアポジーに2頭が前に行きそうなので、
それらを見ながらという位置取りではないでしょうか。

昨年もアンビシャスに敗れたとはいえ、きっちりと2着を確保しているように、
馬券圏内を外すことは考えにくそうです。

▲サクラアンプルール

前走の中山記念で好走したサクラアンプルールが単穴です。

昨年からの近3走が好走しており、今回の舞台である阪神芝2000mが合いそうな印象。

人気馬を見ながらの追い出しでどこまで迫れるかですが、調子のよさと
横山典弘騎手の一発に期待して狙ってみたいと思います。

その他

直前でもう少し減らしたいと思っていますが、
昨年勝利したアンビシャスが意外と人気を落としているのが気になるところです。

マカヒキは切っても良いくらいに今回は印象が薄いですが、
実力は上位なので相手として押さえておく必要はあるのかなと少し悩んでいるところです。

馬券の買い目

・単複馬券:◎サトノクラウン
・3連複フォーメーション
1列目:◎〇
2列目:〇▲
3列目:▲△
・3連単フォーメーション
1列目:◎
2列目:〇▲
3列目:〇▲

ダービー卿CTの予想は以上です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA