日経賞の予想(2017年)

競馬予想Styleです。

今週は4つの重賞が開催され、さらにドバイでもビッグレースが控えている盛りだくさんな週末となりますね。

明日は高松宮記念も開催されますが、それまでに資金をGETしておきたいところです。

では、今日の中山メインレース、日経賞の予想を書いていきます。

日経賞の予想

まずは日経賞が行われる中山競馬場芝2500m(内回り)の特徴をおさらいしておきしょう。

日経賞のコース解説

日経賞の舞台は一言で言えば有馬記念と同じ舞台です。

スタート地点は外回りコースの3コーナー手前からとなります。

最初の3~4コーナーを回って、ホームストレッチでは1回目の急坂(高低差2.2m)を上ることになります。

長距離レースですし、スタートしてすぐにコーナーをむかえることから、先行争いが激化しなければそこまでペースが上がらないのが特徴と言えるでしょう。

ゴールを過ぎてから1コーナーにかけても上りとなっており、2コーナーから向正面半ばまでが緩い下りとなります。

3~4コーナーにかけてはほぼ平坦が続いて、最後の直線は310mと中央4場では最短。

直線半ばには2回目の急坂が待ち受けるので、勝負どころまで体力を温存できる気性と
最終コーナーからゴールまでを駆け上がるスピード持続力が問われるコースと言えます。

日経賞の予想印

ミライヘノツバサ
〇ゴールドアクター
▲シャケトラ
△アドマイヤデウス、ツクバアズマオー

注目馬の根拠

◎ミライヘノツバサ

古馬になってからの成長力に期待して、ミライヘノツバサを本命にします。

前走は久々の重賞レースで3着を確保。

中山コースが合っている印象で、人気を落としている今回はプレッシャーなくレースに臨めるのが好材料。

強い相手もいますが、このメンバーなら人気以上の実力を発揮してくれるのではないでしょうか。

〇ゴールドアクター

メンバーと中山含めた実績を考えれば断然人気になっておかしくないゴールドアクター。

ここでもノーマークにはできませんが、休み明けということもあって対抗までにします。

▲シャケトラ

初めての中山になりますが、成長著しいシャケトラを単穴にします。

コース実績はないものの、状態が良さそうなのでこのメンバーでも互角に走れるでしょう。

その他

中山実績があるアドマイヤデウスとツクバアズマオーが人気を落としているので、
今回は相手として狙ってみたいと思っています。

馬券の買い目

・単複馬券:◎ミライヘノツバサ
・3連複フォーメーション
1列目:◎〇
2列目:〇▲
3列目:▲△
・3連単フォーメーション
1列目:◎
2列目:〇▲
3列目:〇▲

日経賞の予想は以上です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA